HOME>記事一覧>今からでも遅くない加入を検討するべき保険のひとつ

対応できるリスク

説明する人

火災保険は損害保険の一種で、火災はもちろん落雷や風水害などの事故に遭遇したときの被害を填補する補償します。対象となるのは建物と家財です。建物とは土地の定着物で家屋はもちろんそれに付帯する門や塀などのエクステリアも含む概念です。家財とは家具だけでなく内部に収納している衣服なども補償対象です。火災や風水害なども遭遇するリスクは低いものの、ひとたび遭遇すると被害は巨額で再建のためには巨額の費用がかかるので火災保険はおすすめです。

建物と家財を守る

INSURANCE

損害保険では何を補償対象にしているのかをしっかり確認することが重要です。火災保険では建物のみ、あるいは家財のみ、または建物と家財の両方を含む、この3種類の中から選択することになります。もちろんおすすめは補償対象が広い建物+家財型です。

広告募集中