HOME>アーカイブ>もしもの場合に備えることを考え始めていこう

自分に必要な保障を選んで

男性

火災保険といえば何でも同じ、と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、その内容については様々です。いざというときに必要な保障がないということになると、保険加入している意味がありませんし、必要以上の保証がついている場合には保険料が高くなり負担が大きくなってしまいます。バランスよく自分にとって必要な保障の火災保険に加入する必要があるのです。特約の組み合わせができることもありますから、その点についても検討してみましょう。無理に安くしようと考えるのではなく、必要な保障から保険の形を考えていくのがおすすめです。自分で判断が難しい場合には専門家に相談してみることも有効でしょう。

カバーできる範囲をチェック

保険証

火災保険というと、火災があった時に保険金が下りる、ということをイメージすることが多いでしょう。確かにそういった火災などだけを保証するタイプもありますが、それ以外に盗難や水害などについてもカバーできるタイプのものもあります。どこまでカバーすることが必要なのかを考えて選んでいきましょう。また、一戸建て用のもの、マンションなどの集合住宅向けのものなどで種類が分かれています。どの様な種類のものがあるのか資料などに目を通しておくことがおすすめです。

広告募集中