費用のことを確認する

女性

火災保険に加入する場合とは、住宅を建築した場合や住宅を購入した場合です。実は賃貸住宅を借りる場合とは異なり、自分で住宅を手に入れた場合は絶対に保険に加入しなければならないと言う決まりは無いわけです。そのため、絶対に加入しなければならないなどと考える必要はありません。しかし実際に住宅を建築した人や住宅を手に入る人が多くは火災保険に加入しているのが現状です。やはり、保険に加入しなければいざというとき大きな財産を失ってしまう可能性があるからでしょう。そのため多くの人は、おすすめ保険会社等に加入している傾向があります。もし保険に加入する場合には、一体どれぐらいの費用がないでしょうか。費用に関しては、安いプランで1年間で10,000円ぐらいになると考えておいた方が良いでしょう。しかしオプションをつけると1万5000円位の支払いになることが多いです。これは1年間に支払う費用のため、毎年それだけの費用がかかるわけです。もっとも、保険に加入する場合には10年契約等が行われることが多くなります。10年先の分の保険も払っておく仕組みです。このようにすることで、毎年保険に対してお金を払う必要はなくなるでしょう。

仕組みは正確に理解する

火事

おすすめの火災保険会社などは、不動産会社などから紹介されることが多いです。例えば建売住宅を購入した場合、不動産会社が仲介してくれますが、この時に火災保険会社も同時に紹介してくれます。そのような会社は、大抵優良なところになるでしょう。もしいい加減な保険会社を紹介した場合には、その不動産会社の評判にも傷がついてしまうからです。火災保険の仕組みとしては、通常火災等が発生した場合にお金がおりる仕組みです。この場合最低でも1ヵ月から2ヶ月位の時間がかかると言って良いでしょう。調査などをしなければならないため、それだけの時間がかかるわけです。あまり知られていませんが、雷や台風などによって屋根が壊れた場合などでも保険を適用することは可能です。あるいは、雷が落ちる場合電気製品が壊れることがあります。よくあるのはエアコンが壊れることやインターホンが壊れることです。この時支払いの仕方としては、事前に壊れた部分の写真を撮影します。そして修理した後や新しく取り替えたパーツの写真を保険会社に送ると、保険がおりる仕組みです。このときには、修理した業者や購入したところの領収書等を保険会社に提出することが必要です。

INSURANCE

説明する人

広告募集中